キャッシング 金利

キャッシングとその金利について

無担保かつ保証人も不要で迅速な審査でお金を借りることができるキャッシングはとても便利な存在として利用する人も増えてきています。以前は消費者金融というと高い金利で多重債務を生むなど社会問題化したこともありあまりよいイメージを持っていない人も少なくなかったのですが、利息制限法の上限以上で出資法の上限未満のいわゆるグレーゾーン金利について無効とする最高裁判決が下されたこともあって、法改正により現在は貸出金利が利息制限法の範囲内で行われるようになるなど借り手にとって有利な法改正が行われたこともあって、安心して利用できるようになってきたといえます。

 

また、利用にあたっては以前のように店舗や街頭の無人契約機を理想せずともインターネットを通じて申し込みから融資までが完了する時代となったため、手軽に利用をする人が増えてきたという側面もあります。最近は初回の利用であれば一定期間無利息で借りられるといったサービスを提供している会社もありますので、そうした会社の利用を検討してみるのもよいのではないでしょうか。

キャッシングの際の金利での比較ポイントについて

キャッシングにおいては金利はもっとも重要なものとなります。それは、金利の違いにより返済しなければならない金額が大きく異なってくるためです。金利の低い業者を選べば少ない利息負担で済むため、全体としてのコストを抑えることができます。

 

キャッシングをこの金利で比較する場合にはいくつかのポイントがあります。まずは、金利は銀行系、信販系、消費者金融系の順で低いという特徴があります。銀行系のキャッシングでは利息が低い分審査が厳しくなっていますが、特に審査を気にする必要がない場合には、銀行系のキャッシングサービスを利用することが有用となります。

 

また、キャッシングにおいては借入金額により適用される利率が変わってくるため、利率を比較する場合は上限利率で比較するということがポイントとなります。利息は消費者金融などの業者によって多少の際はありますが、最大で18パーセントと定められているため、これを上限と意識して業者を見る必要があります。

消費者金融と銀行系の低金利でキャッシングをしたい場合の比較

金利のことを考えると誰でも低金利でキャッシングをしたいものですが。友人にお金を貸してもらうならば話し合いで低金利にしてもらえるかもしれませんが、そう都合よくこちらの求める金額を貸してくれる友人がいるとも限りません。

 

やはり、銀行か消費者金融に頼ることになると思うのですが、低金利でキャッシングをしたい場合、返済に長期と短期をどちらかの目的でも違ってきますが、消費者金融と銀行系のカードローンを比べたら、銀行系のカードローンをお勧めします。これは何故なのかというと、高額融資を長期間受けることを目的として融資を受けるならば、消費者金融よりも銀行系カードローンの方が低金利で高額のキャッシングができるからです。

 

小額の融資を目的とした借り入れならば、審査が通りやすく融資までの時間が少ない消費者金融がよいかもしれませんが、返済予定を誤って遅延してしまった時のリスクを考えてみても、できれば回避したいキャッシングです。

キャッシングの金利の上限は法律で決められております

キャッシングを利用する場合、金融業者が利息を自由に設定できると問題があるために、法律で金利には上限が設けられております。利息制限法と出資法という二つの法律があります。利息制限法では借入額が10万円未満である場合の金利の上限は20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上であれば15%と定められております。
この法律で定めた金利以上の金利は無効となります。ただ、もう一つ出資法という法律では、ある一定の条件を満たせば利息制限法を越える事も認められ、最大で29.2%まで認められておりました。これが過払い問題につながり、現在では貸金業法が改正されたために、出資法の上限が20%になっております。

 

つまり、キャッシングでお金を借りる場合は、現在ではどんなに金利が高くても20%を越える事はありません。遅延損害金が発生した場合は話が別ですが、そうでないのに20%を越えていた場合、その業者は違法な業者である可能性が高いです。